2016年04月06日

お久しぶりです

こんにちは。

とんとん通りにはじめての店をだしてから、まる14年を迎えたこの春、
「クレープリー・レ・クロシェット」さんというフランス風クレープ・ガレットのお店がにオープンしています。
松沢さんの「ツユノハレマ」から、クレープリーレクロシェットの鈴木さんへと切れ間なくつなげていただきました。
元いた場所というだけのところになっても、関係があった場所がこのように活かされていることは嬉しい事です。


この更新をもって、ここへの書き込みは終わります。

訪れていただきありがとうございました。


2016年4月6日



posted by 店主 at 09:58| ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月01日

その後のとんとん通り

閉店して一か月が過ぎました。
年明けは7日から、ほぼ毎日荷造り作業。
Kさんがはなむけにとくださったエプロンをつけ、
暖かく荷造りと片付けを進めることができました。
そして昨日、大家さんに無事引き渡しが完了いたしました。

さて、当ブログをのぞいてくださったかたにニュースです!
気になっている方も多く、実際何人もの方にどうなる?
と聞かれたりした、元スケッチインの場所のこと、
お話できることになりました。
あれはさかのぼること2か月半前・・・
2階最後のイベントのため、あるところに依頼に行ったことから始まります。
と言えばー
まだ記憶に新しい、

ICHI cafeさん!!

依頼に行った日、
「あそこでやります」って。
おどろくべき決断力!
私なんぞ足元にも及ばない高い女子力をもつゆかりさんが、
なにかやってくれるようですよ。
きっと、みんながうれしい場所になるんじゃないかな。

そうそう、うちの移転のことで見たナミダ、
結果あの日だけ。
私だってまだ泣いてない11月の日。
つくづく、縁ておもしろくありがたいなあとおもいました。
うちの引越し先もそんな縁あってのことですし。
こちらのことはまたあらためて。


離れてから日に何回か、
あの場所にピュっと心がとんで行く瞬間があります。
それは、一冊のほんからだったり、匂いだったり、
曲のワンフレーズだったり。
あと、ダメイヤダしか言わないときの3歳児を前にした時もか・・・


なんだかまさかの長文になってしまいました。
最後の最後までのおつきあい、
どうもありがとうございました。
まだまだ寒い日がつづきます。
どうぞみなさまお元気で。
それではまた。


150201.JPG






posted by 店主 at 21:00| ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月29日

12年と9ヶ月

この2か月の予定していた営業日を滞りなく、
終えることができました。ほっとしています。
自分はともかく、
家の人たちが元気でいてくれたことが大きい。
おかげで、いい2か月になり。
思ったとおり、あっという間の2か月でした。

数年前からカレンダーを買いにだけ
年末にいらっしゃる方がいます。
年末に見えなかった時は、年明けにいらしたこともあったな。。。
名前も存じ上げないその方、
今年は26日にいらっしゃいました。
たぶん来年は、お会いすることはないかもしれないけれど、
これまでの何年かは、暮らしの些細なことの一部として
この店があったのかと思うと、
それだけで充分すぎる。

ここだけの話でいわせてもらえば、
自分でも信じられぬくらいながくやってこれた。
それは、この場所が最初の印象以上に、
ほんとうにいい感じになっていったから。
ここでのことや知り合った人たちも、
中年期以降のだいじな部分となって行くでしょう。


お付き合いいただきありがとうございました。
関わりのあったすべてに感謝!

141229.JPG
28日17時57分

さて、引越し先・・・
距離もあるし、行きにくいでしょう。
というおもいに反し、みなさん意外にも行く気満々。
そんなに言ってくださるのなら、本気で待ってみようかー
携帯電話を持っていない頃の待ち合わせ。
みたいな….

とはいえ、
店を完成させること。
まずはそこから。
posted by 店主 at 12:56| ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月22日

師走に二階をあけて

2階最後のハレの場、
イチカフェ出張喫茶室においでくださったみなさま、
どうもありがとうございました。

一階にいて聞こえてくる、豆を挽く音と
トースターのタイマーが切れる音、
気づくと店中がコーヒーやパンやらの香りで
いっぱいになっているという。
とても新鮮な二日間でした。
それにしても、食べものの香りってあんなにも
しあわせーな気持ちになるのだろう。

再現したのは本屋でした。
(私物の本でしたので、販売は無し。)
本屋イベント常連のみなさんには見覚えがある本だとか、
雑誌はアルネとクウネル2002年創刊からの12年分。

イチカフェ松沢さん、
いろいろ受けとめてくださり感謝です。

ああ、よかった


141222.JPG 1412221.JPG
1412222.JPG 1412223.JPG

posted by 店主 at 06:36| ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月30日

よくある質問

:::どこへ移転するの?
a.須坂です。

:::なぜ須坂?
a.須坂民なので….と言うと、
 みなさんだいたい察してくださっているようです。

:::オープンはいつ?
a.来春、さくらの花が咲くまでには!

:::どんな店になる?
a.長い間閉ざされていた建物をお借りすることになりました。
 大層立派な蔵です。建物の造りが今とは全く違うこともあり、
 同じ感じの空間にはならないと思う。まだ、手つかずだから
 わからないというのが正直なところなんですよねー
 スペースは今とくらべ、広からず狭からず。
 
:::子はおおきくなりました?
a.3歳になりました。平日は保育園に通っています。

:::店が休みの日は何している?
a.


141130.JPG
posted by 店主 at 11:42| ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月19日

朝市後記

17日は、ICHI cafeさんでの朝市でした。

今回持って行ったのは、
夏の想い出を記録、記憶するような、
古道具を含む、どれもおなじみのもの。
手にとってくださった方は、夏のかけらを
お持ちなのだと見ましたよ。
よかった。

毎回何かしら旬の農作物を持ち、
生産者の方がいらしています。
朝市参加の楽しみのひとつになりました。
6月、新参者のため、目玉のいちごを買いのがし。
7月は、宮沢さんのブルーベリーを早々に。
そして8月、
なつっこという桃と信濃町のとうもろしをしっかり。

ところであの日のお天気は、雨。
でもそんなことはどうでもよくなる、
清々しい夏の日の午前でした。

おわり

1408191.JPG 1408192.JPG
posted by 店主 at 12:11| ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月31日

大晦日

待ってたよ、と言ってもらえたこと。
おかえり、もよかった。

言ったご本人は忘れていても、
ありがたい言葉でした。


お越しくださったみなさま、
ここをのぞいてくださる方も、
一年ありがとうございました。

どうぞみなさま
よい新年をお迎えください。

posted by 店主 at 23:40| ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月14日

ふゆのひかり

遠いのは承知、行ってきました。
2008年以降も作ったものを店内に飾ったり、製作キットなどを
取り扱いさせていただいていることもありますが、それだけじゃなく。
ヒンメリに対する思いと興味は続いているのですよね。

行ったことのない地域に行くことは楽しいことだし、
はじめて行く美術館はそれだけで刺激的。

そんなこんなで、テンション高めにみたヒンメリは、
お久しぶりと初めましての対面。
基本形をさらに詳細に、構造部分の深いところを、
ことばとかたちでわかりやすく伝えてくれていました。
ぼんやりしてたことが言葉であらわせられることは、
やっぱりすごい。
おおくぼさんがヒンメリと向き合ってきた時間は、
想像が追いつかないすごさだと思う。
それだけに思っていたことが当てはまっていたりすると、
うれしい。

そして結局は作ってみたくなり、
帰ってきてすぐ一個、完成。
トート展での魔法がまだ効いていたなー

しばらく楽しめる要素がつまっていた展示だった。
冬至をむかえるこの時期にみるのは意味がある。
よかった。

ヒンメリのウェブサイトがあるのです!
http://himmeli.jp

skytree
posted by 店主 at 23:48| ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月30日

てぶくろ

子どもの頃から手荒れがひどく、水仕事のときには
ゴム手袋がかかせません。
手袋をしていても温かい方がいいから、お湯を使い
洗剤もそれなりに使います。
洗い物ばかりしているなあという日もあったり。
そのせいか、利き手の右側ばかり穴があいたり、破れます。
使わないではいられないから新調しますよね。
すると左手ばかりがたまるのです。

子ども時代、手袋を片方だけよくなくしました。
ほんとうによくなくすので、なくしたことを親に言えなくて、
学校の登下校の時に何日もいっしょうけんめい探すのですが、
見つかりませんでした。

あの頃は今よりはるかに雪がたくさん降りました。
除雪車に巻き込まれ、風に吹き飛ばされて、
用水路に落ちて流された。とこどもなりに思ってました。

今となっては、山の動物たちが持ち帰りいえにしている。とか、
信じたいなあ。

余ってる左手持ってっていいよー

tebukuro
posted by 店主 at 15:33| ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月01日

トート展終了

もりさんが作るものは、よい意味で力が抜けています。
だけど力があると思います。

再生ダンボールで作るトートバックノートなどは、
ズバッと一気にできる便利な道具がありそうなものだけど、
信頼できるのは最終的には自分の手。
カラフルなイラストがリズミカルにプリントされた
ろうびきのトート、できてゆく過程はとてもアナログです。

トート展が終了した後、もりさんからいただいたメールに、
こちらの想いをいい感じにあらわしてくれている一文がありました。

「いろんなキモチが動いた一か月でした。」

そうそう、これこれ。

無性に手を動かしたくなった一か月。
いい緊張感の一か月を、ありがとう。
この魔法よ解けないでー

来てくださったみなさま、どうもありがとうございました。

toto3.JPG toto5.JPG toto4.JPG toto2.JPG

toto1
posted by 店主 at 23:48| ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする