2011年11月21日

りんこさんのお店

本当は、どこよりも早く紹介したかったんですが、、、

10月7日長野市諏訪町に「カフェ日々」
りんこさんのお店がオープンしました。
当工事部が物件の下見から一緒に行かせてもらい、
店づくりのお手伝いをさせていただきました。

伺ったのは金木犀の香り漂う10月あたまのプレオープン日。
見慣れたものがあったり、いつもとちがう場所でなじみの人に会ったりは、
照れくさいながらも、まえからあるような安心感。備品類も一部、うちから選んでいただいているのです。
どれもしっかり、カフェ日々の顔になっていました。
さて、いただいたのは三種類のパンがのっているプレートランチ。チョコのマフィンを、工事中に試食させてもらっていて、はじめて頂く食感が私好みだったのですが、
またいただくことが出来、満足でした。
ほかにどんなのが作られるのか、これからの楽しみにしようーっと。

外と内の意外性を感じてほしい。というのは工事担当の言葉。
けっして広くない空間ですが店内は開放感があり、気持ちがよい。
個人的には、壁に向かったデスク席がいいなあと思います。ひとりならば
カンター席もおすすめです。

晴れの日。曇りの日、雨の日、雪の日。夏だけど肌寒い日。
どんな日でも一定のあかるさと温かさがある、りんこさんのお店です。


いただいたDMより
「国産小麦とホシノ天然酵母を使って手作りしたパンや
 季節のごはん、身体にやさしい材料で作ったお菓子を
 ご用意してお待ちしています。」

詳細は、カフェ 日々さん→


hibi1 hibi5 hibi4 hibi2 hibi3

2009年07月19日

Kさんの家

工事部にて店のお客さま、Kさんのお宅の改修工事をやらせていただきました。

築年数は50年をかるくこえる、木造二階建て。
これまでにも変化にあわせときに手を加えながら、住まわれてきました。

工事は、壁やふすまで仕切られていた一階部分の一部をとりこわし、
一通りの水回りを新しくし、家族4人の居間をつくるというもの。
居間の一角に作業スペースを確保。Kさんはここで縫い物をされる。

改修工事といっても古い建物なので、補強をしながらの工事。
古いままと新しい部分。隠せるところ、見せるところ。必要とバランスをとって。
壁、天井に壁紙を貼ってしまえば、きれいにはなるのだけれど、Kさんの要望は
そこではなく、、、
だからうちの工事部にお声が掛かったのだ。

しつこいようですが、古い建物(ふるい古いばかり言って、Kさんすみません...)
ということで、ものをどけていくと、
「はしら〜の〜 き〜ず〜は おとと〜し〜の〜〜」
と、童謡に歌われるような柱がでてきたり。
子どもの字の落書きのあるタンス。
時間が止まっているというよりは、そのまま時間が継続しているようだった。
Kさんのお宅はとても明るい。

思い出がつまった場所ではじまった生活。
人数以上に賑やかになるぞ。きっと。


ktei1  ktei2  ktei3


これはあくまでもKさんご家族の場合。事情もあります。
新築も含め、工事内容は、家庭それぞれにあった最善の方法があるはず。

これ以前、工事後にカーテン納品がてらのお宅訪問をしてきました。
過去2つの記事がありますが、なにをやったのか?工事の内容はわかりにくいものでした。
せっかく了解をえて、記事で使わせていただいたというのに...。申し訳ないです。
今後工事部のしごとをここで紹介していきます。
ですがここで伝えられる内容には限界があり。表現の未熟さもありますし・・・。
店ではもう少し詳しいお話ができるかと。

ぼんやりとしたものをカタチにしてゆくお手伝いができればと願います。

まずはー、気楽に声を掛けてみてください。

posted by 店主 at 19:43| スケッチブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月17日

うちの洗濯機

1996年製を中古で購入。壊れたのは今回で二度目だった。
一度目の故障は三年前、メーカーのメンテナンス専門会社の人が来てくれて、二つのセンサーを交換し2万円。
そして今回は、給水の部品とメインモーターの交換をし3万円。修理依頼の電話で話した故障の症状から必要な部品を用意して、前と同じ人が来てくれた。前回同様に、こことここがわるいので、いくらかかり...以後、こんなところがこわれ、部品の交換が必要になるでしょう...など説明をし、こちらが納得してから修理にとりかかる。
前も今回もだけど、機械って直るものなんだと関心..。

正直なところ、今回使えなくなったとき、買い替えることに気持ちがぐらついた。
けれど修理後の洗濯機は、とても軽やかに回り、調子がいい。
部品の交換でなおるうちは使い続けてみようと、話し合った。

というわけで、洗濯の不便は解消。


今日は休み。
自宅でおとなしく、伝票整理の一日。


sentauki
posted by 店主 at 21:44| スケッチブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月24日

スケッチブック別冊

先日お宅の改装をされたちなつさんのお家へ、
カーテンを届けに行ってきました。

いぜんとはガラリとかわった部屋。
だけれど、そこはもう違和感なくちなつさんの世界。
工事の間はべつの部屋に移されていた道具が
すこしづつ運び込まれ、「きみはここだよ」と、
前よりちょっぴりゆったりと並んで...。
好きだと言ってらした、パンやお菓子を焼いている
姿がしぜんに想像できた。

古さや狭さのなかで、ずっとがんばってきたんですよね。

どうにもならないことは、あります。
住まいも症状によっては、手術が必要なのです。


またおじゃまします!


chinatusan
posted by 店主 at 13:28| スケッチブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月08日

家事はおもしろい

自宅で使っている今どき(とはいっても6年前くらいのもの..)の掃除機は、
何かを吸い込むごとに赤いランプが点灯する。

国内メーカーのふつうの掃除機で、
色はいまいち、好きじゃない...
だいたい、自分で選んでない。
なのに掃除がすごくやる気になるのは
どうも、赤いランプにあったようだ。

隅っこでかたまりになったホコリをスポッと吸う度に
チカチカして、、やっつけた感が、たまらない。
とこれは...ゲームの感覚?


掃除をしながら、ゲーマーの気持ちをすこし理解した??
二連休でした。

gyakkou
posted by 店主 at 20:34| スケッチブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月24日

スケッチブック別冊

おとといは、昨年末、改装を終えたじゅん子さん家に、
カーテンの納品へ。

ここを始める前は仕事上よくあったのですが、
カーテンを持ってお客さまのお宅におじゃまするというのは
かなり久しぶりで、とても楽しみにしていた日です。

うちの店にある「モノ」ではない「コト」が
かたちとなった、わたし自身感慨ぶかいお宅...
実際は、わたしの思いなんて比じゃない、
じゅん子さんの熱意がつまった、よい空間でした。

このさきもっともっと、よい生活の場になってゆくんですね。


j-tei
posted by 店主 at 16:30| スケッチブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月13日

自宅にて

きのうは、なんとなくいつもと違う側にカーテンを開けてみた。

流しの右側(方角は東)の窓のカーテンは、付けた時から今まで、たまりは右側。
それがちょうど、流しと調理台と直線上の位置だった。
明るさが全然ちがうのに、なんで気づかなかったのだろう。


とってもいい光がはいるようになって、気持ちがいい。
へっぽこな庭もよく見えたりして...

mizukiri
posted by 店主 at 12:21| スケッチブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月22日

とある台所 その2

なかなかいい物が見つからないのが、流しのへりにひっかけて使う水切りラック。
今使っているのは....サイズ優先でさがし、通販で購入(大きな声では言えません、店をやっていて通販だなんて!)したもの。洗剤、スポンジ、ブラシ置きに使っている。空の牛乳パックや食品トレイを乾かすのにも便利。
できれば、つや消しのステンレス製、がっちりしたつくりのものがあればいいのだけれど。

ワイヤの棚と冷蔵庫の間にできたすきまにを利用した収納、ラップ、アルミ箔、袋類を放り込んで使用。いつでもやめられて、転用もしやすいので、カゴはいい!
ワイヤ製のは食器棚、10年以上前の無印良品の物。
風呂なしアパートに住んでいた時、食器棚として購入その後CD置き→タオル用→再び食器棚に。今後、変わるかもしれないしこのままかもしれない。食器棚として使わなくなったとしても捨てる事はないと思う。

nagasi sukima
posted by 店主 at 17:13| スケッチブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月16日

とある台所 その一

最近は一般のお宅のインテリアを紹介する雑誌がたくさんあって、インテリアの参考にしている方は多いのでしょう。
そこであえて、我が家を例に出すのは恥ずかしいのですが.....以外と、生活感のある雑然とした風景のなかにひらめきがあるのでは?
いつまでたっても完成しない我が家、、この先すこしづつ、お見せしたいと思いす。
まったく役にたたないかもしれませんがね。

よく使う小さめのボウルは、段々に重ねて調理台の目の前に。
料理の段取りがうまくないので、空いているボウルがすぐ見える、この置き方になってます。ふつう、入れ子式にした方が、収納には場所を取らないのですが、、

今ある物を使って、本来の使い方ではない使い方をする...
これは私の得意とする事!?その一例として
よくある木の皿立てを、まな板、そばざる、包丁置きに。風通しは良さそうであります。
でもこれは今のところの置き方、最善の方法が見つかるまでの...。
bo-ru ho-cho

捨て身の記事はまた次回。
posted by 店主 at 11:59| スケッチブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする